中国遊商が「暴力追放・明るい街づくり総決起大会」および街頭パレードに参加

 

全商協所属の中国遊商(中国遊技機商業協同組合/松原陽輔理事長)が12月1日、広島市暴力追放監視防犯連合会主催による広島市中区県民文化センターにおいて開催された「暴力追放・明るい街づくり総決起大会」、および街頭パレードに参加した。理事長以下組合員等52名が参加し、昨年に引続いての参加となった。

同大会には、建設業や飲食業、遊技業など48団体から約800人が参加した。総決起大会からはじまり、大会終了後には、商店街を小学生のマーチングバンドを先頭に、「暴力団の脅しを恐れないぞ」「暴力団には金を出さないぞ」などとシュプレヒコールをあげながらパレードを行った。

img_0854

カテゴリー: ニュース,社会貢献

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。