全商協、「第7回 チャリティゴルフコンペ」、スポーツ振興団体に寄付金贈る

 

全国遊技機商業協同組合連合会(全商協/中村昌勇会長)が9月2日、静岡県御殿場市の太平洋クラブ 御殿場コースで「第7回 チャリティゴルフコンペ」を開催した。これは、会員の親睦と他団体との交流を兼ねて毎年1回、チャリティゴルフとして開催されているもので、今回は迎えて7回目。全国8単組から選抜された各2チーム(1チーム・4名編成)と、日工組から金沢全求理事長ほか7名、日電協から小林友也副理事長ほか3名、それに全商協歴代会長の4名を招待し、計20チーム・総勢80名が参加のもと「チーム対抗戦」が和やかな中で行われた。

栄えある優勝には、ハンディキャップの差で、東北遊商の髙橋一則理事長率いる「伊達男」チームの頭上に輝いた。そして、チャリティ金は昨年と同様、2020年に開催予定の「東京パラリンピック大会」の運営と障害者スポーツの成功に向けた活動を展開しているスポーツ振興団体の一般社団法人スポーツ・オブ・ハートに寄付された。

コンペ前日の9月1日は、都内港区のグランドニッコー東京台場で「前夜祭」。席上、中村昌勇会長は「今業界団体は大変厳しい状況にあるが、これから業界のため我々が何をできるのか今日も理事会を開催して議論を重ねた。今後共、英知を出し合い活動を進めていきたいが、今日、明日は時間を忘れて楽しい時を過ごして頂きたい」として、各チームの活躍にエールを送った。

この後、来賓として招かれた日工組の金沢理事長が挨拶。金沢理事長は、日工組役員が多数招待されたことに謝意を表した後、回収・撤去問題に触れ「全商協様には多大なるご協力を頂き感謝する。まだ100%というまでには至っていないが、今後も日工組、全商協が一体となり、ホール様のご理解を頂きながら回収・撤去を進めていきたい。そして、12月末までの第3次リストの回収についても我々だけでは到底出来るものではないので、皆様のお力を借りてやっていきたい」と、回収・撤去へのさらなる協力を求めた。

「前夜祭」では、前回優勝した東遊商の安藤享氏から優勝カップ・優勝旗の返還、競技方法の説明に続き、日電協の小林副理事長の乾杯の音頭で祝宴に入り、大会での互いの健闘を称え合っていた。

競技当日は、前々日の大雨が嘘のような夏真っ盛りの日和となり、参加者は男子プロトーナメントも行われている名門・太平洋ゴルフクラブの本格コースで、一日プレイを満喫。競技終了後に成績発表による表彰パーティ。順位は、各チームの上位3名の合計ネットスコアにより決定するもので、見事栄えある優勝に輝いたのは、髙橋東北遊商理事長をリーダーとした「伊達男」(髙橋一則・林義信・永山恵治・柳漢成)チーム。四国遊商の日野泰昌理事長をリーダーとした「お遍路さん」チームと同ネットだったが、ハンディキャップの差で優勝となったもの。優勝トロフィーを手にした高橋氏は満面の笑みで「お待たせしました。やっと優勝することができました」と挨拶すると、会場は大きな拍手に包まれた。なお、準優勝が「お遍路さん」、3位が中国遊商の「強すぎる赤ヘル」チームだった。

来賓個人の部では、日電協の小林副理事長が優勝に輝き、準優勝に日工組の金沢理事長、3位に日工組の中川尚也理事・事務局長が入った。また、全員を対象としたベストネット賞は四国遊商の今村敬喜氏が勝ち取った。

カテゴリー: ニュース,社会貢献

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。