全商協が「熊本地震 復興支援チャリティー歌謡ショー」開催

 

全商協(全国遊技機商業協同組合連合会、会長:中村昌勇氏)は、熊本地震により被災地の人達を勇気づけようと、10月4日、熊本県上益城郡嘉島町にあるイオンモール熊本の駐車場で「熊本地震 復興支援チャリティー歌謡ショー」を開催した。

この企画は、全商協として熊本の被災地のために何か支援が出来ないかと模索していた最中、歌手の山本譲二さんから「なんとか熊本を激励したい」とのオファーが、地元九州遊商理事長である全商協山本龍彦副会長を通じて全商協組織委員会に持ち込まれ、協議された後、全商協理事会で承認されたもの。全商協の山本副会長や社会貢献委員会担当役員らが、開催地である熊本県嘉島町等と調整を重ね、全商協主催行事として運営されることになり、熊本県遊協(熊本県遊技業協同組合、理事長:岩下博明氏)、嘉島町、イオンモールなどの協力の下、開催されることとなった。

被災された皆様の励みになればとの思いを込めて、当日は山本譲二さんをはじめ、同氏の思いに賛同した歌手友人である吉 幾三さん、角川 博さん、川中美幸さんも無償出演。集まった2,000人余りの来場者を前にして、時に軽妙なトークを交えながら「熊本がんばれ」とばかりにそれぞれ持ち歌3曲ずつを熱唱し、来場者に勇気と元気を届けた。また、全商協の会長・副会長をはじめ、全国の全商協社会貢献委員会のメンバーと熊本県の九州遊商加盟販社の組合員、また熊本県遊協青年部のメンバーなど総勢100名が、山本譲二さん一行の出迎えや、会場設営、来場者の入場案内、ドリンク配布などで汗を流し、「歌謡ショー」の盛り上げに一役を担った。

当初、台風18号の接近で野外での開催が危ぶまれていたが、当日は無風で最高のイベント日和。新聞・テレビなどによる前宣伝を一切しなかったにもかかわらず、演歌界の大御所4人の歌声が無料で聞けるとあって、会場は大きな盛り上がりに包まれた。当日のホスト役である山本譲二さんは「今日、こういった形で、熊本に恩返しが出来て嬉しい」と来場者に笑顔を見せながら「みちのくひとり旅」などのヒット曲を熱唱。また、角川 博さんは「女のきもち」、川中美幸さんは「二輪草」、吉 幾三さんは「酒よ」など誰ものが口ずさんだことのあるヒット曲を、時に軽妙なトークを挟みながら次々と披露すると、会場からは大きな喝采を浴びた。吉さんは「出来ることは何でもさせて頂きますので、頑張って下さい」と激励した。

ショーの終了間際に、全商協の中村昌勇会長、熊本県遊協の岩下博明理事長、嘉島町の荒木泰臣町長が舞台に登壇。荒木町長は「開催の全ての費用を遊技業界の方で負担して頂き、あらためて心から感謝申し上げる。皆様、関係者に大きな拍手を送りましょう。そして、山本譲二さんが被災地の人達を元気づけよう、自分達の歌で元気を出してもらえれば嬉しいということで、今日はボランティア精神で来て頂き、私たちは今日元気を頂いた。これを期に、地元の皆様と一緒に復旧・復興に努めていきたい」と、ショー開催の関係者を労いながら、今後の復興への前進を誓っていた。

zensyoukyou20161012-2

カテゴリー: ニュース,社会貢献

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。