関西遊商が第8回救命救急講習会を実施

 

全商協所属の関西遊商(関西遊技機商業協同組合/草加和徳理事長)が平成28年12月2日、浪速消防署において第8回救命救急講習会を実施した。参加23名で行われた講習会は3グループに分かれ、浪速消防署の救急隊の指導の下、実際に遭遇したときに素早く動けるように学んだ。

平成26年度からスタートした講習会も参加者が類型114名に達した。関西遊商では、「人工呼吸や胸骨圧迫、AEDの取扱いを含めた心肺蘇生などの知識と技術を学んでいただき、いつでも勇気をもって行えるように、より多くの方に受講してもらえるよう、今後も活動を続けて行きたいと思います」という。

image10

カテゴリー: ニュース,社会貢献

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。