男性の方必見!男性社員に知ってもらいたい女心

女性による女性の為の女性集客
男性の方必見!男性社員に知ってもらいたい女心

 

会社って沢山の男女が存在する組織なので色々と考え方の違いなど問題がありますよね?
男女雇用機会均等法なんて法律が存在しますが、まだまだ男性色が強い会社が一般的でと言えます。

 

現在でも会社の上層部には男性社員が多く、サラリーマンであればまだまだ上司の顔色を伺いながら仕事をする人も少なくはありません。
会社規模によってコンプライアンスやモラルの程度も異なるとは思いますが、会社内で権限をもった男性上司がいるとその上司のカラーに反することがなかなかできない、暗黙のルールなどが存在します。
男性の部下は同性なのでその考え方や態度に違和感をあまり感じず対応することもできるかもしれませんが、異性である女性としては耐えがたいことが沢山あります。
男性が気つかない些細なことでも女性は傷つき、それがきっかけでうまく仕事が手につかなくなったり、時には出社ができない状況に陥ることも考えられます。

 

基本的に男性と女性とは同じ人間ですが、頭の構造は異なると考えた方が良いでしょう。
男性が女子社員とうまくコミュニケーションを図るには「女心」を理解し、自分とは違う「生き物」だと思って接することが必要だと考えます。
「セクハラ・パワハラ・マタハラ・スメハラetc…。」会社生活において女性が不快なことは「○○ハラスメント」として問題化されてはいますが、全ての女子社員が男性に訴えられる訳ではなく、殆どの女性は泣き寝入りしているのが実情です。

 

会社とは「営利を目的とする社団法人」。
そして社員はその目的達成のための1人員なのです。
男性であり、女性であり、会社から必要とあって雇用しているのであり、いくら上司であっても個人的主観で女子社員の能力を低下させる様な行動は会社に背いていることとなります。
女性は基本的に保守的な生き物であり、安全を第一に考える習性があります。そのため、女性社員が集まるとお互いに話を同調し合い、敵を作らない行動をします。

 

しかし、自分の身を守るために裏では同性の事を悪く言ったりもします。
常に女性の地位として他の女性よりも優位にいたい。
そう思われたいという安心感を求めた行為なのです。
男性社員にとって、会社には自分の年齢よりも上下どちらの女性社員もいますし、役職者がいたりもします。
または年齢は自分が下でも役職は上の場合もあります。

 

このような多数の組織体制がありますが、上下関係なく男性社員に知って頂きたい女心とは
「常に優しく接して守ってあげること。」
「些細なことでも気づいて気に掛ける。」
女性は感情的な生き物なので時には意見がぶつかり合ったりすることもあるとは思いますが、無神経で気づかなかったり、放置するではうまく組織が成り立ちません。
男性社員からすると女性社員との付き合いがうまくいかないときは面倒くさがって逃げる場合がありますが、それが一番いけません。
古来から続く人間の本能「男が狩りをして生きるための食料を取ってくる」「女性は男に守られて子供を守る」この本能は変わっておらず、女性の社会進出(外に狩りに行く)現代だからこそ会社における男女の調和がうまく取れていないだけであって、その背景は男性が女心を理解していないからであります。
男女平等の時代であるからには社会進出して女性に対応するためにも男性から女性の「女心」を理解することが会社発展への近道だと考えられます。

カテゴリー: パチンコ,人材教育,女性活力

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。